痩せる おかず

MENU

痩せるのに最適なおかずとは?【大切なのはバランス】

痩せるおかずを取り上げた書籍が、最近話題になりましたね。

 

そんな痩せるおかず、なんだか響きだけ聞くと、作るのも面倒くさそう・・・。

 

と思いませんか?

 

でも、痩せるおかずは、ポイントさえ押さえてしまえば、簡単にメニューを考えることができるんですよ!

 

調理法も、とっても簡単なものばかり!

 

今回は、痩せるおかずを作る際のポイントや、レシピもご紹介していきます!

 

痩せるおかずの食材のポイントは?

 

まずは、痩せるおかずを作る際の、食材のポイントをご紹介します。

 

痩せるおかずの食材のポイントは、やっぱり、カロリーの低いもの!

 

これにつきます。

 

でも、サラダばかり食べるわけではありませんよ。

 

大切なのは、バランスです。

 

野菜、タンパク質を多く摂ることがポイントです。

 

炭水化物や、脂質などは、極力摂らないように、食材を選びましょう。

 

普段の買い物で、緑黄色野菜や、根菜、タンパク質となる脂身の少ないお肉やお魚を中心に買うようにしましょう。

 

野菜は、レタスやほうれん草などの青物や、にんじんやレンコンなどの根菜。

 

お肉は、鶏ささみや、鶏むね肉、豚の小間切れ、などは、脂身の少ないお肉です。

 

お魚は、たらや、かれいなどの白身魚は、脂肪分が少ないのでおススメです。

 

痩せるおかずの調理方法は?

 

痩せるおかずを調理するときに大切なことは、できるだけ、余分な脂をカットすることです。

 

最近では、油を使用しないフライヤーや、余分な脂を落としてくれるオーブンレンジなど、便利な調理器具がたくさん販売されていますね。

 

しかし、必ずみなさんのご家庭に、そのような調理器具があるわけではありませんよね。

 

じゃあ、どのようにして、余分な脂をカットすれば良いのかと言いますと、極力油で揚げる、焼くなどの調理を避けることです。

 

その代わりに、ゆでたり、オーブントースターを使って焼くことで、少しでも余分な脂をカットすることができますよ。

 

痩せるおかずのレシピは?

 

最後に、痩せるおかずのレシピを、いくつかご紹介します。

 

<ささみオクラ納豆>

 

(材料)鶏ささみ、オクラ、納豆、めんつゆ、粒マスタード、レモン汁。

 

ささみの筋を取り、ゆでて、手でほぐします。

 

オクラは下茹でをして、輪切りにします。

 

ボウルで納豆と、下茹でしたオクラ、ささみ、調味料を混ぜ合わせて出来上がり!

 

梅肉を和えると、もっとさっぱりした味わいになります。

 

鶏ささみは、高たんぱくな食材なので、ダイエットにぴったりの食材ですね。

 

<冷しゃぶのネギダレ和え>

 

(材料)豚肉、ネギ、ニラ、ごま油、ポン酢、いりごま

 

沸騰して、火を止めたお湯に、豚肉を入れ、火が通ったら冷やします。

 

ネギ、ニラを、細かく刻み、ごま油、ポン酢、いりごまと混ぜ合わせます。

 

冷しゃぶの上に、たれをかけたら出来上がり!

 

豚肉は、焼くのではなく、ゆでることで、余分な脂をカットすることができますよ!

 

以上、痩せるおかずについて、いかがでしたか?

 

とっても簡単なので、みなさんも試してみてくださいね!